大工塾ネットワーク「杢人の会」 会の紹介

□ 平成22年3月、「協同組合杢人の会」となりました

個々で活動してきた大工の集まりである杢人の会は継続的に幅の広い活動をするため協同組合を設立いたしました。
今後は、より確実な活動の基盤を築くために、何が必要かを模索し協労して実行する。それを継続することで常に新しい局面に向かって開いてゆくための試みを続けてゆきたいと考えております。

>> 理事長挨拶

コンテンツ









■はじめに

今、日本の住宅造りは、どこかが間違っていると、現場にいる人間であれば誰でも思うはずです。
2007年からは、建築確認の厳格化のもと、申請書どおりに造ることが求められて、現場での変更は原則できません。
また2004年の基準法の改正で、すべての住宅に24時間換気が義務付けられました。
このような規制の下でしか、住宅を作ることができないのは、本当に異常なことだと思います。
様々な問題があり、そこを改善しなければならないことは、誰もが認めるところです。
しかし今の日本の状況は、そのことに本当に真摯に取り組み、どのような住宅を造ればよいのか、と根本から考えているようには見えません。
住宅を造ることとは違う尺度でことは進んでいるようにしか見えないのです。

私たちは、そこを本当に考えたいと思ってきました。
その思いが大工塾という学習の場を作り上げました。
まずは、何が本当の問題であるかを知り、そこからどのような住宅を造ればよいのかを考えたいと思ってきました。

杢人の会は、同じ問題意識で大工塾に集まってきた大工が、本当に真剣に木造住宅造りを実践したいと思って、集まった会です。
私たちが目指すのは、木造住宅を造るための技術と仕組みの構築です。
日本の木を大事に使い、環境への負荷を最小限に抑えて、快適で、安全で、長く住める住宅を造る技術、それを維持してゆく仕組み、それを仲間との協同で作り上げたいと考えています。


■目的

・大工の技術を最大限生かすことのできる木造住宅を造り続けるために、同じ意識と技術を持った仲間として協同する
・協同することで、技術の進化を目指す
・協同することで、確実な住宅造りを目指す
・協同することで、木造住宅の維持管理の仕組みを創り上げる

■造りたい住宅の形

・国産材を使用した住宅
・瓦・土壁等自然の素材を使用した住宅
・木の特性に沿った技術と構法で建てる住宅(耐震性の保証)
・力学的に根拠のある技術と構法で建てる住宅(耐震性の保証)
・建設時と解体時にゴミにならない住宅

■協同の形態

・より良い木造技術の研究
・木造住宅の工事管理についての研究
・住み手・大工・職人・設計のチーム作り
・大工仕事の相互扶助    ⇒建前の協同・仕事の協同
・住宅の維持管理の相互扶助 ⇒点検・補修工事等の協同

■参加メンバー

名前

屋号

所在地

会員

池上 算規

大工 池上算規

長崎県長崎市出雲2‐10‐14

伊藤 達生

伊藤建築

埼玉県さいたま市大宮区大成町3‐265 矢島荘1ー西

稲垣 強

株式会社すまい考房・悠

神奈川県伊勢原市桜台4‐8‐32

今枝 一

長野県伊那市高遠町藤沢3673‐1

内島 章雄

内島工務店

埼玉県熊谷市桜町2‐4‐18

兼定 裕嗣

カネサダ番匠

岐阜県郡上市八幡町吉野898

久良 大作

久良工務店

山口県岩国市通津1367‐2

鴫原 孝

木工匠 鴫原工務店

千葉県いすみ市深堀1605‐3

関根 陽一

株式会社 家守

栃木県宇都宮市篠井町1885‐4

田中 広樹

健築舎

埼玉県上尾市西宮下3‐36‐5

富澤 博之

建築工房 富澤

長野県伊那市西箕輪与地6217

原 洋人

木遊舎 原建築工房

埼玉県東松山市東平1851‐5

藤岡 輝幸

きこ.design

三重県三重郡菰野町菰野5021‐1

古谷 和成

埼玉県上尾市上尾村1141‐13

宮内 一利

(有) 宮一技工

埼玉県東松山市松山2339‐3

村上 幸成

(有) 村上建築工房

千葉県南房総市上堀997‐2

相談役

丹呉 明恭

丹呉明恭建築設計事務所

埼玉県狭山市つつじ野2‐16‐107

山辺 豊彦

(有) 山辺構造設計事務所

東京都豊島区駒込1-37-10
駒信インテリジェントビル5F

事務局

宮内 里美

(有) 宮一技工

埼玉県東松山市松山2339‐3


■杢人の会と大工塾の関係

杢人の会と大工塾の関係図

▲PAGE TOP

copyrights