works
東大和の家

撮影:相原功 クリックすると大きな画像を表示します。

築30年のマンションの改修工事。南側に2室、その奥に台所と和室、その奥に1室と水廻りの4Kの間取りを、間仕切りをすべて取り除いて全面的に改修しました。台所と南側2室を一部屋にして開放的なLDKにして、杉板と左官の仕上げ、作り付け家具は、戸建住宅と同じ仕様です。吸い込みの悪かったレンジフードなど、設備の機能的な改善も行っています。

建物名:「東大和の家」
所在:東京都東大和市

設計:丹呉明恭建築設計事務所
構造相談:山辺構造設計事務所

施工:宮一技工・宮内一利
竣工:2009年5月
構造規模:RC造8階建の2階部分

面積
建築面積:67.29m2
延床面積:65.23m2

主な内部仕上げ
天井:砂漆喰塗り
壁:砂漆喰塗り・杉板張り・Jパネル
床:杉板張り