works
姉ケ崎の家

撮影:相原功 クリックすると大きな画像を表示します。

平屋のL字平面の住宅。切妻屋根の中央部分を持ち上げてロフトにしています。平面計画から設備工事の詳細の打合せ、照明器具の取り付けまで、住み手が積極的に参加して、住む人・設計者・施工者が一体となって作業が進みました。住む人のシンプルな生活への指向が、そのまま反映された住宅です。

建物名:「姉ヶ崎の家」
所在:千葉県市原市姉ヶ崎

設計:丹呉明恭建築設計事務所
構造相談:山辺構造設計事務所

施工:村上建築工房・村上幸成
竣工:2011年
構造規模:木造平屋建て

面積
建築面積:80.52m2
延床面積:74.3m2

主な外部仕上げ
屋根:三州いぶし瓦葺き
外壁:土壁+杉板南京下見張り
妻壁:ラスモルタル下地リシン掻き落し
建具:木造住宅用アルミサッシ

主な内部仕上げ
天井:杉板本実張り・小屋組み現し
壁:土壁下地+淡路土撫デモノ仕上げ・杉板張り
床:杉板張り