大工塾ネットワーク「杢人の会」
コラム

毎回、担当の大工が日頃考えている疑問や悩みを本音で綴っていきます。

大工の本音
コンテンツ








01:建築の行方
02:工務店の家つくり
04:温故知新
06:覆い隠すものと覆い隠されるもの
07:設計屋と大工の関係とは
08:季節を感じながら
09:ウソ
10:作業場考
11:手間をかけるという事
12:廃棄物は田舎の山に
13:和のつくり
14:サスティナブルな社会へとは?
15:逝きし世の面影
17:愛すべき不良老人たち
18:大工、街に出る…?
19:ゆっくり経年変化する家を建てたい
20:予算と期待度
21:職人不足
22:楽
24:大工最高 10項目
25:住宅のビニールハウス化?
27:改築という仕事
28:年の瀬に思ったこと
29:住む人、設計する人、つくる人
30:大工が自分の家をかまいだすと…
31:新しい地図をつくる
32:プルトニュウムの風に吹かれて行こう
33:震災後あらためて思う
35:震災の地を訪れて
36:遅ればせながら
37:「ありがとう」
38:感謝
39:協労から学ぶ
40:夫が大工になって
41:サボるアリ
42:職人の打ち合わせ
44:メンテナンス
45:「手書き」は消滅させられている
46:薪小屋
47:二つのさしがね
48:ブリコラージュな生き方
49:ブリコラージュ再考
50:ブリコラージュ再再考
51:しょうがない
52:答えはどこに
53:徒然
54:もっときちんと考えねば
55:小さい仕事

▲ 最新記事に戻る

■小さい仕事

町場でお施主さんから直接仕事を請け負う大工が減っていると最近つくづく感じます。新しく出会う方々と良く話す話題として、小さい家の悩みなど身近に相談できて気軽に頼める大工がいなくなっているとよく言われます。
考えると、私ももし自分が大工でなければ誰に相談すればよいか分からず困っている事があっても不自由なまま住み続けていると思います。
毎日違う現場に行かなくてはならない時もあり、苦しく感じる事もありますが、何度も話し合い、お施主さんの抱える問題を一緒に解決していける喜びを味わえるのも大工という職業の醍醐味だと思います。
また、大手の建築会社には頼めないような小さな仕事を一つ一つ請け負う事が、お施主さんにもっと自分の家に関心を持ってもらう為に大事な事ではないかと思います。
地域から信頼される町の大工が増える様、毎日新しいお施主さんと出会う喜びも感じつつ微力ですが頑張っていきたいと思っています。


田中広樹

田中広樹

▲PAGE TOP

copyrights