大工塾ネットワーク「杢人の会」
コラム

毎回、担当の大工が日頃考えている疑問や悩みを本音で綴っていきます。

大工の本音
コンテンツ








01:建築の行方
02:工務店の家つくり
04:温故知新
06:覆い隠すものと覆い隠されるもの
07:設計屋と大工の関係とは
08:季節を感じながら
09:ウソ
10:作業場考
11:手間をかけるという事
12:廃棄物は田舎の山に
13:和のつくり
14:サスティナブルな社会へとは?
15:逝きし世の面影
17:愛すべき不良老人たち
18:大工、街に出る…?
19:ゆっくり経年変化する家を建てたい
20:予算と期待度
21:職人不足
22:楽
24:大工最高 10項目
25:住宅のビニールハウス化?
27:改築という仕事
28:年の瀬に思ったこと
29:住む人、設計する人、つくる人
30:大工が自分の家をかまいだすと…
31:新しい地図をつくる
32:プルトニュウムの風に吹かれて行こう
33:震災後あらためて思う
35:震災の地を訪れて
36:遅ればせながら
37:「ありがとう」
38:感謝
39:協労から学ぶ
40:夫が大工になって
41:サボるアリ
42:職人の打ち合わせ
44:メンテナンス
45:「手書き」は消滅させられている
46:薪小屋
47:二つのさしがね
48:ブリコラージュな生き方
49:ブリコラージュ再考
50:ブリコラージュ再再考
51:しょうがない
52:答えはどこに
53:徒然
54:もっときちんと考えねば
55:小さい仕事

▲ 最新記事に戻る

■徒然

「大工が考える住み継がれる家づくり」を理念に、会社を立ち上げて丸6年、今年で7年目に入る。そして大工の現場を離れて一年ほどの時間が経った。今の主な仕事はお客さんとの打ち合わせ、そして会社の運営、雑務に追われる日々。

自分が現場に入っていても年間2、3棟の仕事が入る。自分の建てたい家を自分で設計して刻んで組む。内装や建具にまでこだわって陶芸や絵を描くようにディティールにこだわった家を建てる。自分が好きな家が、誰かの共感を得られることが理想。 
現実はお客さんがいて予算があっての家づくり、十分な予算のあるお客さんがいれば、そうでも無いお客さんもいるが、どんな状況でも良いものをつくりたい、残して行きたいという自分の願望によって、予算を度外視して手間をかけてしまう事も度々・・・
年間2、3棟の仕事が定期的に入ってくるようになれば、会社の雑務に追われず現場で大工として働きながら、ゼロから始まり後に続く若い子たちに道をつくる事も出来るし、自分が建てたい家にも近づいていけるはずだ。しかしその定期的に2、3棟の仕事を取ることの難しさを痛感している。

ハウスメーカーに寄り添わない自分たちが仕事を取って行くには、自分たちがやっている事を明快に社会に発信し、理解してもらう事が必要だろう。会社組織といえども、個人の技術に依るところが大きい木組みを個性とするからには、実際に現場に立ちたいし立つ事が必要だ。
大工の技術は技術のためにあるのではなく人(の暮らし)のためにあると考えている。人が関わって人のためのものをつくる以上、ひとりよがりであって良いはずがないし、人がいる以上はその役に立つ技術として残して行きたい。

「木組み」は技術体系としてあるのだと思うけれど、ニッチなものになってしまっている事に関して異論は無いと思う。多様な技術があっていいし、多様であるからこそ時代背景や地域にあったものが生まれて行くのだし、多様性があるからこそ潤いのある文化として残っていけるのだと思う。
多様ななかでも志を同じくする者同士は、技術で交流することは当然として、次に続く人たちに扉を開けて待つことを可能とするために、仕事をし続けるための仕組みづくりが出来ないものかと考えるデスクワークの日々・・・


photo

関根陽一

関根陽一

▲PAGE TOP

copyrights