大工塾ネットワーク「杢人の会」
コラム

毎回、担当の大工が日頃考えている疑問や悩みを本音で綴っていきます。

大工の本音
コンテンツ








01:建築の行方
02:工務店の家つくり
04:温故知新
06:覆い隠すものと覆い隠されるもの
07:設計屋と大工の関係とは
08:季節を感じながら
09:ウソ
10:作業場考
11:手間をかけるという事
12:廃棄物は田舎の山に
13:和のつくり
14:サスティナブルな社会へとは?
15:逝きし世の面影
17:愛すべき不良老人たち
18:大工、街に出る…?
19:ゆっくり経年変化する家を建てたい
20:予算と期待度
21:職人不足
22:楽
24:大工最高 10項目
25:住宅のビニールハウス化?
27:改築という仕事
28:年の瀬に思ったこと
29:住む人、設計する人、つくる人
30:大工が自分の家をかまいだすと…
31:新しい地図をつくる
32:プルトニュウムの風に吹かれて行こう
33:震災後あらためて思う
35:震災の地を訪れて
36:遅ればせながら
37:「ありがとう」
38:感謝
39:協労から学ぶ
40:夫が大工になって
41:サボるアリ
42:職人の打ち合わせ
44:メンテナンス
45:「手書き」は消滅させられている
46:薪小屋
47:二つのさしがね
48:ブリコラージュな生き方
49:ブリコラージュ再考
50:ブリコラージュ再再考
51:しょうがない
52:答えはどこに
53:徒然
54:もっときちんと考えねば
55:小さい仕事

▲ 最新記事に戻る

■しょうがない

“しょうがない”、よく言ったり思ったりする言葉だ。
仕事では“工期がないからしょうがない”、“手間(予算)がないからしょうがない”、と言う。様々な理由で工期が取れず、それに伴い、手間をかけることができないということは、当然よくあることだ。その中で最善を尽くすよう心掛けている。
自分がやっていきたい家造りは、手刻みで土壁、漆喰で仕上げる。プレカットで建てる家よりは、手間も時間もかかる建て方を選んでいる。それは当然自分なりにその方がいいと思っているからである。
なのに・・・だ。
ちょっとしたひと手間をかけるか、かけないかで悩む時がある。そこで“工期がないからしょうがない”、“手間がないからしょうがない”、が出てくる。しかもその言葉の裏に“面倒くさい”、この気持ちがチラチラ顔をのぞかせる。重要な部分でこの気持ちに左右されることはないが、造作工事ではよくある。見た目ではあまり出てこない部分の話である。
そもそも手間のかかる仕事を自ら選んでおいて“工期・手間がないから”、とある意味言い訳をし、さらに“面倒くさい”、はとても恥ずかしい話だ。
今のところこの気持ちに負けて、いい加減な仕事をしたつもりはないが、そういう気持ちが出ること事態に問題を感じている。工期や予算によってやれることに限りが出てくることもあるが、“しょうがない”で済ますだけでなく、ひと手間かけても工期・予算に合わせることができる努力もしなければならないと感じている。
無難な方に行きがちな気持ちを難しい方にチャレンジする、そんな気持ちを持ち続けていきたい。


photophoto

栗坪の家

古谷和成

古谷和成

▲PAGE TOP

copyrights