大工塾ネットワーク「杢人の会」
コラム

毎回、担当の大工が日頃考えている疑問や悩みを本音で綴っていきます。

大工の本音
コンテンツ








01:建築の行方
02:工務店の家つくり
04:温故知新
06:覆い隠すものと覆い隠されるもの
07:設計屋と大工の関係とは
08:季節を感じながら
09:ウソ
10:作業場考
11:手間をかけるという事
12:廃棄物は田舎の山に
13:和のつくり
14:サスティナブルな社会へとは?
15:逝きし世の面影
17:愛すべき不良老人たち
18:大工、街に出る…?
19:ゆっくり経年変化する家を建てたい
20:予算と期待度
21:職人不足
22:楽
24:大工最高 10項目
25:住宅のビニールハウス化?
27:改築という仕事
28:年の瀬に思ったこと
29:住む人、設計する人、つくる人
30:大工が自分の家をかまいだすと…
31:新しい地図をつくる
32:プルトニュウムの風に吹かれて行こう
33:震災後あらためて思う
35:震災の地を訪れて
36:遅ればせながら
37:「ありがとう」
38:感謝
39:協労から学ぶ
40:夫が大工になって
41:サボるアリ
42:職人の打ち合わせ
44:メンテナンス
45:「手書き」は消滅させられている
46:薪小屋
47:二つのさしがね
48:ブリコラージュな生き方
49:ブリコラージュ再考
50:ブリコラージュ再再考
51:しょうがない
52:答えはどこに
53:徒然
54:もっときちんと考えねば
55:小さい仕事

▲ 最新記事に戻る

■薪小屋

 冬になる前、思いきって薪小屋を建てた。
 自宅の主暖房は薪ストーブであり、床暖房、風呂、台所の温水は外のボイラーでまかなっている。大工であることもあり、薪なら調達できるだろうと見込んでの設置だったが、これがなかなか・・・。
かなりためこんだと思っての冬越しも、春になる頃には心細い限り。仕事で出る端材ではとても追いつかず、せっかく建てた薪小屋は、いっぱいになることはない。
 これではマズイと、先日、親戚の叔父に頼んで、初めて奈良の山まで薪をわけてもらいにいった。家族みんなで、レジャー気分で出かけたが、これがかなりの重労働。ストーブに入るサイズにカットし、斜面を運ぶのはやっぱり人の手、やっとの思いでトラックにつめこんで家に持ち帰り、次に待ち受けているのは、薪割りの仕事。薪を割るのにもコツがいる。
 今回、少し山に入らせてもらった事により、昔の人々はいかに体を使い知恵を駆使して、資源を無駄にせず、そして守っていたのか。そんな暮らしの営みを少し垣間見た気がした。
 まわりの景色をじゃませぬ様、心がけて建てた薪小屋も、今は、いや今だけ、薪をたっぷりとたくわえて、いかにも薪小屋らしい顔である。


photo

きこ.design:藤岡輝幸

藤岡輝幸

▲PAGE TOP

copyrights