大工塾ネットワーク「杢人の会」
コラム

毎回、担当の大工が日頃考えている疑問や悩みを本音で綴っていきます。

大工の本音
コンテンツ








01:建築の行方
02:工務店の家つくり
04:温故知新
06:覆い隠すものと覆い隠されるもの
07:設計屋と大工の関係とは
08:季節を感じながら
09:ウソ
10:作業場考
11:手間をかけるという事
12:廃棄物は田舎の山に
13:和のつくり
14:サスティナブルな社会へとは?
15:逝きし世の面影
17:愛すべき不良老人たち
18:大工、街に出る…?
19:ゆっくり経年変化する家を建てたい
20:予算と期待度
21:職人不足
22:楽
24:大工最高 10項目
25:住宅のビニールハウス化?
27:改築という仕事
28:年の瀬に思ったこと
29:住む人、設計する人、つくる人
30:大工が自分の家をかまいだすと…
31:新しい地図をつくる
32:プルトニュウムの風に吹かれて行こう
33:震災後あらためて思う
35:震災の地を訪れて
36:遅ればせながら
37:「ありがとう」
38:感謝
39:協労から学ぶ
40:夫が大工になって
41:サボるアリ
42:職人の打ち合わせ
44:メンテナンス
45:「手書き」は消滅させられている
46:薪小屋
47:二つのさしがね
48:ブリコラージュな生き方
49:ブリコラージュ再考
50:ブリコラージュ再再考
51:しょうがない
52:答えはどこに
53:徒然
54:もっときちんと考えねば
55:小さい仕事

▲ 最新記事に戻る

■遅ればせながら


ようやく出来ました、(仮称)木造テント。
正確にはテントではないのでしょうが、用途としてテントに近いものを想定して作ったので、テントということにしておきます。
前回、私が担当させて貰ったコラム「大工、街に出る…?」の頃から、街に出るツールのひとつとして考えていたのですが、なかなか時間がとれず今に至ってしまいました。
「一般の人にどうやったら大工を身近に感じて貰えるのだろうか?」
「もっと自由に色々なモノを木で作って、使って貰えないだろうか?」
「そもそも、日常使うもので、工業製品じゃないもの、案外少なくないか?」
そんな思いの中、不特定の方に使って貰えそうなモノかなと、作ってみました。
意外と作ってないんですよね、不特定の方向けに、大工って。
家を新築する、改修するにしても、家具を作るにしても、依頼を受け打ち合わせして、要望に沿うものを作るのが日常になってることを再確認しました。 
画像を見てもらうと解ると思いますが、基本的な構造は、長ホゾ込み栓、組み立ては大工一人で約二時間、解体も同じくらいだと思います。
使う道具は玄翁一本と脚立、プラスドライバーと込み栓を抜くボルトだけの簡単な作りです。
勿論、用途に合わせて壁、床、建具も追加出来ます。
ちょっとした身近なイベントでテント貼ること、ありますよね?どうですか、杢人印の木造テントを次回から使ってみませんか?(笑)真面目に貸し出し考えてますよ。
少し前になりますが、木造テントの構想が東北の知人に伝わり、被災地に設営しないか、という話もありました。諸事情により設置には至りませんでしたが。
しかし、要望があれば持って行きたいという思いはあります。東屋のような使い方でもいいですし、仮設の店舗、浜小屋、工事関係の方やボランティアの方の詰め所や休憩所。
これから冬に向けて、壁、床、建具も作れますし、中で火を焚く様にも出来ます。
私も宮城、岩手の海岸沿いを訪れましたが、何らかの用途、あるのではないでしょうか?
現時点では現地に行き、長期間滞在して仕事をすることは難しいですが、こういった仮設のものを作る、そういった形ででも力になれたらと考えています。
そんな要望、情報、ありましたら是非お知らせ下さい。前向きに検討させて頂きます。
それぞれの地域、東北においてでも、大工の枠から一歩踏み出す試み、是非実践してみたいものです。


(仮称)木造テント

伊藤建築:伊藤達生

伊藤達生

▲PAGE TOP

copyrights