大工塾ネットワーク「杢人の会」
コラム

毎回、担当の大工が日頃考えている疑問や悩みを本音で綴っていきます。

大工の本音
コンテンツ








01:建築の行方
02:工務店の家つくり
04:温故知新
06:覆い隠すものと覆い隠されるもの
07:設計屋と大工の関係とは
08:季節を感じながら
09:ウソ
10:作業場考
11:手間をかけるという事
12:廃棄物は田舎の山に
13:和のつくり
14:サスティナブルな社会へとは?
15:逝きし世の面影
17:愛すべき不良老人たち
18:大工、街に出る…?
19:ゆっくり経年変化する家を建てたい
20:予算と期待度
21:職人不足
22:楽
24:大工最高 10項目
25:住宅のビニールハウス化?
27:改築という仕事
28:年の瀬に思ったこと
29:住む人、設計する人、つくる人
30:大工が自分の家をかまいだすと…
31:新しい地図をつくる
32:プルトニュウムの風に吹かれて行こう
33:震災後あらためて思う
35:震災の地を訪れて
36:遅ればせながら
37:「ありがとう」
38:感謝
39:協労から学ぶ
40:夫が大工になって
41:サボるアリ
42:職人の打ち合わせ
44:メンテナンス
45:「手書き」は消滅させられている
46:薪小屋
47:二つのさしがね
48:ブリコラージュな生き方
49:ブリコラージュ再考
50:ブリコラージュ再再考
51:しょうがない
52:答えはどこに
53:徒然
54:もっときちんと考えねば
55:小さい仕事

▲ 最新記事に戻る

■震災後あらためて思う


3.11の大地震からまもなく4か月がたち、私の住む栃木県でも全壊、半壊した家の復旧が徐々に進み、屋根にかけられたブルーシートも減ってきているようにみられます。

福島第一原子力発電所の事故で発生した放射能の問題は、数値こそ減ってきてはいるものの、原子力発電所の爆破が起きた直後に避難勧告を広範囲にしなかった政府の対応。放射性物質は体に蓄積されていく危険を明確に報道しない大手マスコミなど、怒りや不安はまだまだ残されています。

そんな中、3.11以降、震災の支援も大小様々な形で自分の周りでも始まっています。福島の原発周辺に食糧や義援金を送ったり、その他では以前働いていた会社では仮設の風呂を宮城県に作ったり、できる範囲で皆さん支援をしています。
しかし、お金や時間の自由は個人事業の私には限界があり、地域でのグループ化の必要性をしみじみ感じさせられています。
同じ心意気を持った物づくりをする人の集まりを地域でつくることで、互いにモチベーションを高めあいながら、一人ひとりの活動の幅を広げていけるのではないかと考えています。

2月には、事務所兼自宅兼モデルハウスが完成し、自宅を開放して自然食品の試食会や、子育てママさんのための、ワークショップ等の活動をスタートし、また、本物の物づくりをしている人とのネットワークも徐々に動き出しています。

それらのことを形にすることで地域が活性化し、循環型社会の一端を担っていきたいと日々考えています。


宇都宮オープンハウス

関根陽一

関根陽一

▲PAGE TOP

copyrights