大工塾ネットワーク「杢人の会」
コラム

毎回、担当の大工が日頃考えている疑問や悩みを本音で綴っていきます。

大工の本音
コンテンツ








01:建築の行方
02:工務店の家つくり
04:温故知新
06:覆い隠すものと覆い隠されるもの
07:設計屋と大工の関係とは
08:季節を感じながら
09:ウソ
10:作業場考
11:手間をかけるという事
12:廃棄物は田舎の山に
13:和のつくり
14:サスティナブルな社会へとは?
15:逝きし世の面影
17:愛すべき不良老人たち
18:大工、街に出る…?
19:ゆっくり経年変化する家を建てたい
20:予算と期待度
21:職人不足
22:楽
24:大工最高 10項目
25:住宅のビニールハウス化?
27:改築という仕事
28:年の瀬に思ったこと
29:住む人、設計する人、つくる人
30:大工が自分の家をかまいだすと…
31:新しい地図をつくる
32:プルトニュウムの風に吹かれて行こう
33:震災後あらためて思う
35:震災の地を訪れて
36:遅ればせながら
37:「ありがとう」
38:感謝
39:協労から学ぶ
40:夫が大工になって
41:サボるアリ
42:職人の打ち合わせ
44:メンテナンス
45:「手書き」は消滅させられている
46:薪小屋
47:二つのさしがね
48:ブリコラージュな生き方
49:ブリコラージュ再考
50:ブリコラージュ再再考
51:しょうがない
52:答えはどこに
53:徒然
54:もっときちんと考えねば
55:小さい仕事

▲ 最新記事に戻る

■大工最高 10項目

1、笑顔に会える。
 これに尽きます。施主さんとの付き合い、職人さんとの付き合いなど、いいと思う仕事をして出逢えた笑顔は幸せです。

2、志を持てば、自ずとよき仲間に巡り逢える。
 出不精だった自分が、三重県の友人に大工塾を進めてもらい、埼玉県に行くことになりました。そこで、同じ志を持つ大工、設計の方々に出逢う事ができ、これも又、幸せです。

3、木をさわっていれば、ごきげん!
 前は、あくせく仕事をしていたのですが、最近少し気持ちが変わりました。「この木は、どうしたらいい風になるのか?」って思うようになり、見て、触って、墨をして、刻んで、1つ1つ形にしていく事が、ごきげんに思えるようになりました。

4、ひきかえすことのない、自分(大工)でいられる心地よさ。

5、その場、その所に在るものを作れる。
 永遠のテーマです。「居場所、居心地」を、家や土地にどう求めていくのか? 答えは見つかっていないのですが、その時、その場でbestを尽くしていきたいと思っています。

6、大工道具との付き合い。
 道具にはかないません。「よくまあ、こんな道具を作ったもんやなあ」と思う道具ばかりです。道具の足を引っ張らないように切磋琢磨していきます。

7、NEW FACEとの出会い。
 今、若い子が、一人入ってきました。又、自分が1から始めてるみたいなので、いい機会と思ってます。

8、ビールがうまい!
 うまいんです! 仕事が終わっての一杯、『うまい』と家で言うと娘が「とと、今日も頑張ったね」と言ってくれます。幸せ。

9、大工を再考すること
 これはサブテーマです。いつも、何事も「どうなん、それは?」という視点で物事を見て、聞いて、実感し、前を向いて、いいところまでいこうと思ってます。

10、大工最高。


きこ.design:藤岡輝幸

藤岡輝幸

▲PAGE TOP

copyrights