大工塾ネットワーク「杢人の会」
コラム

毎回、担当の大工が日頃考えている疑問や悩みを本音で綴っていきます。

大工の本音
コンテンツ








01:建築の行方
02:工務店の家つくり
04:温故知新
06:覆い隠すものと覆い隠されるもの
07:設計屋と大工の関係とは
08:季節を感じながら
09:ウソ
10:作業場考
11:手間をかけるという事
12:廃棄物は田舎の山に
13:和のつくり
14:サスティナブルな社会へとは?
15:逝きし世の面影
17:愛すべき不良老人たち
18:大工、街に出る…?
19:ゆっくり経年変化する家を建てたい
20:予算と期待度
21:職人不足
22:楽
24:大工最高 10項目
25:住宅のビニールハウス化?
27:改築という仕事
28:年の瀬に思ったこと
29:住む人、設計する人、つくる人
30:大工が自分の家をかまいだすと…
31:新しい地図をつくる
32:プルトニュウムの風に吹かれて行こう
33:震災後あらためて思う
35:震災の地を訪れて
36:遅ればせながら
37:「ありがとう」
38:感謝
39:協労から学ぶ
40:夫が大工になって
41:サボるアリ
42:職人の打ち合わせ
44:メンテナンス
45:「手書き」は消滅させられている
46:薪小屋
47:二つのさしがね
48:ブリコラージュな生き方
49:ブリコラージュ再考
50:ブリコラージュ再再考
51:しょうがない
52:答えはどこに
53:徒然
54:もっときちんと考えねば
55:小さい仕事

▲ 最新記事に戻る

■楽

現在、隣町のT様邸で床、天井、サッシ入れ替え等のリフォーム工事でお世話になっている。
ある日お施主様に『階段が急なのでどうにかなりませんか?』と問われた。
お話を伺うと今までに三人の大工さんに相談したが難しいとの答え。
何十年も不便な思いだったらしい(これができたら喜んでいただける!人が出来ないと言われると、なおやりたくなる!)。
何が厳しいか・・・。

現在12段階段2段増やすと前には出せるが天井に頭が・・・。
後ろには1段分だけ後退出来るが下は押入と作りつけの仏壇・・・。
何日か仕事をしながら寝るまでも、考え鉄骨を使い(杢人なのに?)天井高の確保を思いつき図面で書くと天井高もまあまあ、踏み面 蹴上げも3センチずつ楽になる。
図面では納まる・・・。
が、施工に問題が、押入と仏壇で下に入れない・・・。
ならば組み立ててから納めるか?と色々と考えた。
しかし、もう一つ問題が!
2階に寝室があるため(1階は和室3部屋改装中)1日で解体取付工事を行わないといけない・・・。

翌日お施主様にやらせてください!と・・・。
今より1センチでも楽になるならと了解を受け、加工、組立、そして当日、朝一から解体し、組んだ階段を若い衆と三人で納め下三段廻りを納め、何とか夕方までに上がれるまでに!
正直ほっとした。
天井高も計算通り!
翌日伺ってみると『楽になったよ!』と言って下さりうれしかった。

他にも今回のT様のお宅では、和室天井の張り仕舞いで逃げ場がなく、2間の楔を作ったりと試行錯誤しながら仕事や、お茶の時間などいろいろな面で、勉強させていただいた。
自分にこの仕事を任せて頂いたお施主様に感謝し、のこされた工事も気を抜かず、そしてここで勉強させて頂いた事を、この先のお客様の為にも伸ばしていきたい。
これからも大いなる工夫をして杢人の名に恥じない仕事をさせていただき、一人でも多くのお客様に喜んで頂きたい。
日々色々な悩み、苦労?(ほとんどお金)などあるが、やっぱり大工という職業はおもしろい。
いろんな現場、いろんな職人、いろんなお客様、なんて楽しい人生だろう(胃痛がひどいけど)。
これまで支えてきてくれた方々に感謝し、明日からもがんばろーっ!!


木遊舎 原建築工房:原洋人

原洋人

▲PAGE TOP

copyrights