大工塾ネットワーク「杢人の会」
コラム

毎回、担当の大工が日頃考えている疑問や悩みを本音で綴っていきます。

大工の本音
コンテンツ








01:建築の行方
02:工務店の家つくり
04:温故知新
06:覆い隠すものと覆い隠されるもの
07:設計屋と大工の関係とは
08:季節を感じながら
09:ウソ
10:作業場考
11:手間をかけるという事
12:廃棄物は田舎の山に
13:和のつくり
14:サスティナブルな社会へとは?
15:逝きし世の面影
17:愛すべき不良老人たち
18:大工、街に出る…?
19:ゆっくり経年変化する家を建てたい
20:予算と期待度
21:職人不足
22:楽
24:大工最高 10項目
25:住宅のビニールハウス化?
27:改築という仕事
28:年の瀬に思ったこと
29:住む人、設計する人、つくる人
30:大工が自分の家をかまいだすと…
31:新しい地図をつくる
32:プルトニュウムの風に吹かれて行こう
33:震災後あらためて思う
35:震災の地を訪れて
36:遅ればせながら
37:「ありがとう」
38:感謝
39:協労から学ぶ
40:夫が大工になって
41:サボるアリ
42:職人の打ち合わせ
44:メンテナンス
45:「手書き」は消滅させられている
46:薪小屋
47:二つのさしがね
48:ブリコラージュな生き方
49:ブリコラージュ再考
50:ブリコラージュ再再考
51:しょうがない
52:答えはどこに
53:徒然
54:もっときちんと考えねば
55:小さい仕事

▲ 最新記事に戻る

■大工、街に出る…?

日頃、仕事をしていて、現場のご近所さんに結構仲良くして頂く事が多いです。
ご挨拶をし、ちょっとした会話をしているうちに、顔見知りになり、朝・夕と立ち話をする事もしばしば。
ホコリや音など、ご迷惑をお掛けしているにもかかわらず、仲良くしてくださることが多く、有り難い話です。
その反面、プライベートでは、顔も知らないご近所さんが多いです。
もともとの地元、というわけでもなく、賃貸暮らしですし、新しい分譲住宅もありますから、仕方ないのかも知れません。
埼玉県のさいたま市・新幹線の駅からの徒歩圏内、地域コミュニティーが消えていると言われる、いわゆる都市部です。
当然の事なのかもしれませんが、仕事先の現場とプライベートの住まいとのこのギャップ、考えものです。
地域社会の中での大工としての在り方、都市部においてはもう過去のモノなのでしょうか?
もちろん私自身の性格による所も大きいとは思いますが…。

地域のコミュニケーションの不在、それにまつわる諸々の問題、いろいろと言われていますが、そこにどう対処していけばいいのか、考えなければなりません。
もう少し大きく見てみると、一般の人々から見て、大工とはどういう存在だと認識されているのでしょうか?
一昔前だと、おそらくは、近所にいて、ちょっと声を掛ければ家を見てくれて、直してくれて、ちょっとしたモノを作ってくれた存在だったと思います。
酒屋さんが御用聞きに立ち寄り、魚屋さんや八百屋さんからおすすめの食材を教えてもらっていた頃は、大工も身近な存在だったはずです。

では現在は?

家を工事する人、普段は縁がない人、ちょっとした事を頼もうにも、どこにどう頼めばいいのか分からない人、下手に頼むと、あれもこれもと言ってきて、おおごとにしてお金がかかってしょうがない人、と思われているかもしれないのでは、と思うこともあります。
今後、地域の中で、一般の方の生活の中で、どのように存在して、関わりを持っていけばよいのか、きちんと考えていきたいものです。その上で、最近考えている計画があります。
考えるだけでは答えが出せないのなら、街へ出よう、と。
そこで何か得るモノがあるのではないかと。

次回の私のコラムで、その顛末が書ければ楽しいかもです…。


伊藤建築:伊藤達生

伊藤達生

▲PAGE TOP

copyrights