大工塾ネットワーク「杢人の会」
コラム

毎回、担当の大工が日頃考えている疑問や悩みを本音で綴っていきます。

大工の本音
コンテンツ








01:建築の行方
02:工務店の家つくり
04:温故知新
06:覆い隠すものと覆い隠されるもの
07:設計屋と大工の関係とは
08:季節を感じながら
09:ウソ
10:作業場考
11:手間をかけるという事
12:廃棄物は田舎の山に
13:和のつくり
14:サスティナブルな社会へとは?
15:逝きし世の面影
17:愛すべき不良老人たち
18:大工、街に出る…?
19:ゆっくり経年変化する家を建てたい
20:予算と期待度
21:職人不足
22:楽
24:大工最高 10項目
25:住宅のビニールハウス化?
27:改築という仕事
28:年の瀬に思ったこと
29:住む人、設計する人、つくる人
30:大工が自分の家をかまいだすと…
31:新しい地図をつくる
32:プルトニュウムの風に吹かれて行こう
33:震災後あらためて思う
35:震災の地を訪れて
36:遅ればせながら
37:「ありがとう」
38:感謝
39:協労から学ぶ
40:夫が大工になって
41:サボるアリ
42:職人の打ち合わせ
44:メンテナンス
45:「手書き」は消滅させられている
46:薪小屋
47:二つのさしがね
48:ブリコラージュな生き方
49:ブリコラージュ再考
50:ブリコラージュ再再考
51:しょうがない
52:答えはどこに
53:徒然
54:もっときちんと考えねば
55:小さい仕事

▲ 最新記事に戻る

■和のつくり

これまでに日本人の住まいはどのような進化をしてきたでしょうか。
縄文時代の竪穴式住居から現在の住宅建築に至るまでに時代の変化と共に耐久性、機能性、様々に移り変わっていきます。
海外からの影響に大きく左右されているのは今も昔も変わらないようですが、それにたいして現在の建築と言うものは日本の独自のものというものが現在あまり国内での進展を遂げていないようにも思えます。
この日本独自の建築こそが和ではないでしょうか?
象徴的なもので言うと座敷の生活が一つあります。
日本人の住宅の特徴で言うと玄関で外履きを脱ぎ屋内では床に座って生活をする習慣が現在では椅子中心の生活に変わってしまいました。
明治になり洋風建築が導入され戦争に敗れた日本はその影響をまともに受けることになってしまいます。
それ以降建築基準法にまで海外の形式をうけてしまっています。
このような進化の仕方が本当に良い進化の仕方なのでしょうか・・・

それ以前には座敷の建築が書院造りに始まり日本独自の茶の文化を築き数奇屋の様な茶室建築も生まれてきます。
その影響は農家や武家の民家にまで広がっていきました。

時代の出来事と共に文化は突然変異を起こしたりして変わっていくことは当たり前のことだと思いますが、日本という文化を尊重しそしてそれを今の生活の基準に合わせて行く事が必要なのではないのでしょうか?

私たち日本人が持つ特徴を活かす事によって住みやすい住宅環境が造れると思います。
それがこれからの日本の住宅建築に関わっていく人達の課題なのではないでしょうか?


せりざわたけし工務店:芹澤毅

▲PAGE TOP

copyrights