大工塾ネットワーク「杢人の会」
コラム

毎回、担当の大工が日頃考えている疑問や悩みを本音で綴っていきます。

大工の本音
コンテンツ








01:建築の行方
02:工務店の家つくり
04:温故知新
06:覆い隠すものと覆い隠されるもの
07:設計屋と大工の関係とは
08:季節を感じながら
09:ウソ
10:作業場考
11:手間をかけるという事
12:廃棄物は田舎の山に
13:和のつくり
14:サスティナブルな社会へとは?
15:逝きし世の面影
17:愛すべき不良老人たち
18:大工、街に出る…?
19:ゆっくり経年変化する家を建てたい
20:予算と期待度
21:職人不足
22:楽
24:大工最高 10項目
25:住宅のビニールハウス化?
27:改築という仕事
28:年の瀬に思ったこと
29:住む人、設計する人、つくる人
30:大工が自分の家をかまいだすと…
31:新しい地図をつくる
32:プルトニュウムの風に吹かれて行こう
33:震災後あらためて思う
35:震災の地を訪れて
36:遅ればせながら
37:「ありがとう」
38:感謝
39:協労から学ぶ
40:夫が大工になって
41:サボるアリ
42:職人の打ち合わせ
44:メンテナンス
45:「手書き」は消滅させられている
46:薪小屋
47:二つのさしがね
48:ブリコラージュな生き方
49:ブリコラージュ再考
50:ブリコラージュ再再考
51:しょうがない
52:答えはどこに
53:徒然
54:もっときちんと考えねば
55:小さい仕事

▲ 最新記事に戻る

■季節を感じながら

日常生活の中で季節を感じることが、エアコンの普及やハウス栽培の野菜などが食卓にのぼることによって、少なくなってきているような気がします。
毎日、朝晩の犬の散歩を始めて5年がたち、以前なら感じることも気になることもなかった季節の移り変わりや、樹木や植物の生長が、大工である自分が現場で感じるものと、違った感覚で感じることがあります。
たとえば、樹木が四季折々に見せる変化です。
ついこの間までは、幹や枝だけだった樹木が芽吹き、ある時期を境に花を咲かせ、清々しい新緑へと変化していく。
当たり前の変化や生長に、改めて関心が向くようになった自分がいます。

建築の仕事に携わって25年が経ちます。いろいろな住宅や建物を造ってきました。
いつも、自分の住みたい家を、自分の家を造る気持ちで取り組んできました。
最近のテーマは、「居心地のいい家」です。そこに暮らす家族がのんびりできる“わが家”を造りたいと考えています。 その家は、「ただいま」と入った瞬間にほっとし、気持ちがよくなる。ゆっくりと心がほぐれ、寝ころびたくなったり、のんびり本を読みたくなったり、好きな音楽を聴いたりしたくなる。
日当たりのよさに手足を伸ばし、自然な風や空気の流れを感じる。
花や絵をちょっと飾ったり、正月は門松、三月はひな人形、五月は鯉のぼり、夏は風鈴、秋の十五夜はすすき、クリスマスはリースを飾って、季節を楽しむ。
おじいちゃんが作った野菜は甘いとか、旬の魚は脂がのっているとか、おしゃべりしながら食事をし、とりとめなく話をしたり。
そんな暮らしが楽しめる「居心地のいい家」を思い描いて造っています。

最近では家を引き渡すとき、住まい手の方と、季節を感じる暮らしができるようにと植木や植栽の話をすすめることが楽しみになっています。


内島工務店:内島章雄

我が家が大好き 居心地のいい家

▲PAGE TOP

copyrights